her

大学構内の草むらに放置されている彫像が、1980年以前の今熊野校舎時代には、正面玄関近くの丸池に設置されていたものであったことを発見。調査ののち作品化した。

 

 

(『百年史 : 京都市立芸術大学』京都市立芸術大学百年史編纂委員会 より)

 

(『描き歌い伝えて : 京都芸大今熊野・岡崎学舎』井上隆雄著 より)

 

 

作者:山崎脩氏(京都市立芸術大学名誉教授)

素材:モルタル

 

ご本人にお話をお伺いしたところ、1955年ごろに制作された作品であることが分かった。当時、モルタルは新素材であり、実験的に制作したものだったそうである。

モルタル製・寸胴なフォルムであることが、屋外への設置に適していたようだ。

 

今熊野の校舎から現在の場所に移動させたのが誰なのかは不明。京都芸大の次の移転の際には、彼女はどうなるだろうか。