follow

 

 

 

(photo : haruka teramoto)

 

This work leads a person to a key of their house like “Escape room”.

Refer to “Instruction Art” by Fluxus.

 


 

「脱出ゲーム」や「宝探しゲーム」のように、帰宅者を玄関の鍵へと誘導する。

フルクサスを中心として展開された「インストラクション(アート)」のリテラルな再演でもある。

 

「インストラクション(アート)」の代表的な作品としては、『インストラクション・ペインティングズ』(オノヨーコ、1962)(白いカードに指示が書かれており、その指示に従って、自分の頭のなかで絵を描くという作品)や、『ウォーター・ヤム』(ジョージ・ブレクト、1963)(これもカードに、インストラクションや単語が書かれている)などが挙げられる。

 

これらは、音楽の「スコア」(それはいつも指示・命令のかたちで記述される)から派生した作品であるとされる。

帰宅者は、知らず知らずの内に、スコアを演奏しているのである。

 

「指示・ルール」をモチーフに選択した点において、『shiritori』(shk, 2018)と呼応する作品である。

 

 

―『自宅に帰るだけのために、たらい回しにされた帰宅者には、最大限のねぎらいと祝福と感謝を捧げなければならない。』

 

 

photo : shimizu kana (unless otherwise noted)